ニューヨークの人気アイスクリーム専門店13選【2019年版】

ニューヨークのうだるような暑い夏…そんな日はおいしくて、気分がアガるアイスクリームが一番! ニューヨークにも沢山のアイスクリームショップがあり、みな個性はそれぞれ。そんな甘くて可愛くて見ているだけでもウキウキするアイスクリームショップを特集。

アンプル・ヒルズ(Ample Hills)

2011年に第1店舗をオープンし、今となっては西海岸にも進出しているこのお店。フレーバーの種類が豊富で、それぞれのネーミングが愉快でアイスクリームを選ぶ段階から楽しませてくれます。ここではアイスクリーム料理教室が開かれていたり、アイスクリームを通して科学をも学ぶ子供向けのフィールドトリップなども開催され、家族みんなで楽しめるアイスクリームショップです。







アンプル・ヒルズ(Ample Hills)


ブルックリン・ファーマシー(Brooklyn Farmacy)

1920年代から薬局として愛されていたこのお店ですが2010年にアイスクリームパーラーとして再オープンしました。歴史あるお店の内容をそのまま利用しているので、1920年代のどこか懐かしくておしゃれな雰囲気の中で、アイスクリームを楽しむことができます。アイスクリームサンデーの大きさは仰天ものです。







ブルックリン・ファーマシー(Brooklyn Farmacy)

クロエズ・ソフト・サーヴ・フルーツ(Chloe’s Soft Serve Fruit Co)

アイスクリームは好きだけど健康面で抵抗があるという方にお勧めなのがここ。甘党ママが考案したアイスクリームは果物と水、サトウキビの糖だけで作られているのでヘルシー志向の方にも安心です。アイスクリーム以外にアイスキャンディーとスムージーもあるのでお試しあれ!



クロエズ・ソフト・サーヴ・フルーツ(Chloe’s Soft Serve Fruit Co)

ディビーズ・アイスクリーム(Davey’s Ice Cream)

ブルックリン発祥のアイスクリームショップで “We take ice cream seriously” (僕たちはアイスクリームに真剣に向き合っています) というだけあって、使用されているミルクとクリームは洗練されたローカルのものだけ、さらにその他の材料も農家直送の新鮮なものが利用されている上に、製造過程は独自で決めたアイスクリームのクオリティを重視する経過をたどって4日間かけて作られるのだとか。丁寧に作られたアイスクリームのお味はまさに高級絶品スイーツ!

ディビーズ・アイスクリーム(Davey’s Ice Cream)

エディーズ・スイート・ショップ(Eddie’s Sweet Shop)

ニューヨークのアイスクリームショップの中で一番の老舗。1925年にオープンしたお店はほとんど当時のままで、冷蔵庫やソーダ―ファウンテンも昔のもの。お店に入るだけでノスタルジックなアメリカ体験することができます。長くに渡って沢山の人々に愛されたアイスクリームは甘すぎず日本人の口にもよく合います。場所はフォレストヒルズと少し不便なところにありますが、ニューヨークのアイスクリーム好きには聖地といってもいいこの場所ぜひ訪れてみてください。







エディーズ・スイート・ショップ(Eddie’s Sweet Shop)

ラ・ニューヨキナ(La Newyorkina)

メキシコ出身のオーナーが提供するアイスクリームはカラフルでとってもポップ。アイスクリームだけでなく、アイスキャンディーやチャモヤダというメキシコのシャーベットも提供しています。チャモヤダはマンゴのシャーベットとプラムジュースにチリパウダーがかかった食べ物。意外な組み合わせですが、アイスクリームと違ってさっぱりしておいしいです。準備されたフレーバーにはメキシコ風のものもあり一味違ったアイスクリームを楽しめます。

ラ・ニューヨキナ(La Newyorkina)

ミルク アンド クリーム・シリアル・バー(Milk & Cream Cereal Bar)

アイスクリームの中にお好みのシリアルを混ぜ込んでくれるお店。 ここのお店はコーンやトッピングの種類も充実していて、自分好みのアイスクリームを楽しむことができます。シリアルは全部で18種類あり、ボリューム満点で食べ応えのあるアイスクームです!







ミルク アンド クリーム・シリアル・バー(Milk & Cream Cereal Bar)

オッド・フェローズ(Odd Fellows)

お店の名前通り“Odd”な(変わった)フレーバーを提供していることで有名なこのお店。中でも特にユニークなのは味噌チェリー味や、キャラメルベーコン味等がありますが、食べてみると意外にイケる。そんなアイスクリームが用意されています。それ以外にもタイアイスティー味や、レモンメレンゲパイ味等、考えてみればアイスクリームにしたらさらにおいしくなるようなフレーバーがあります。普通のアイスクリームに飽きてきたらここへGo!

オッド・フェローズ(Odd Fellows)

リパブリック・オブ・ブーズァ(Republic of Booza)

ブリックリンはウィリアムスバーグにある沢山のアイスクリーム屋さんの中でも、ちょっと特殊なのがここ。珍しい地中海のアイスクリームを提供していて、準備されたフレーバーはクラッシックなものから、フェタチーズが入った地中海フードっぽい変わり種もあります。普通のアイスクリームというよりはビヨーンと伸びる粘り気のあるジェラートのような感じ。一度お試しあれ。





リパブリック・オブ・ブーズァ(Republic of Booza)

ソフト・スワーブ・アイスクリーム(Soft Swerve Ice Cream)

シグネチャーはタロイモ味のソフトクリーム! 一風変わった感じに見える紫色のソフトクリームはトッピングをするととってもカラフルになりインスタ映え間違いなし。タロイモ以外にもいくつかフレーバーが準備されているのでこちらもいろんな味を楽しむことができます。また、他のアイスクリーム屋と比べて少しリーズナブルなのも魅力。





ソフト・スワーブ・アイスクリーム(Soft Swerve Ice Cream)

ティプシー・スクープ(Tipsy Scoop)

「アイスクリーム + お酒」今までこのスーパーコンビネーションが何故なかったのでしょうか!? そうここはお酒が入った大人向けアイスクリームを提供しているお店。マティーニやテキーラフレーバー等バラエティーにとんだフレーバーがあり、きちんとお酒の味がします。お酒というだけあって、購入には21歳以上の身分証明が必要なのでIDをお忘れなく! 沢山食べ過ぎて酔っぱらってしまわないようにご注意!



*フレーバーを決められない場合は4種類のフレーバーが楽しめる“Flight of Four Flavors”がおすすめ!

ティプシー・スクープ(Tipsy Scoop)

ヴァン・ルーエン(Van Leeuwen)

2008年に黄色のアイスクリームトラックから始まったこのお店。今となってはトラックだけでなく数多くの店舗がニューヨークにあります。ここのお店の特徴は早くからビーガンアイスクリームを取り入れていることと、何といってもオシャレなフレーバの種類! アールグレイや、塩キャラメルなど大人向けの味がとっても人気です。店舗数が沢山ある分、行きやすいというのもメリットですね!

ヴァン・ルーエン(Van Leeuwen)

ヴェンチ(Venchi)

アイスクリームといえば忘れていけないのがイタリアンジェラート。昨年オープンした このお店は、イタリアの老舗でチョコレートをメインに取り扱っています。ユニオンスクエアの店舗ではジェラートとチョコレートを提供していて、ジェラートはもちろんですが、注目したいのがコーン(カップ)、さすがチョコレートの老舗というだけあって、コーンやカップにチョコレートがたんまりと施されています。このチョコレートとジェラートのコンビネーションは絶品です。是非お試しあれ!









ヴェンチ(Venchi)


アイスクリームショップに行くとどのフレーバーを注文するかとっても悩んでしまいますが、そんなときはお店の人に“Can I try ? ”と遠慮せず聞いてみましょう。

これだけユニークなアイスクリームだから、みんな迷って決められないもの、それは店員さんも重々承知の上なので皆さんにこやかに対応してくれます。時には、彼らのお勧めを聞いてみるのもいいかもしれません。

また、ほとんどのアイスクリームショップが「本日のフレーバ―」と言って限定フレーバを提供しているのでそれも聞いてみるのもアリ!今までになかった特別の味に出会うかも!

下のリンクをクリックしてマップを是非ゲットしてみて下さい!
Google Map Link

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG