バーガー業界にも革命! なぜプラントベースミートがアツいのか!? のワケ

健康改善はもちろん地球環境保全や食料問題解決のために、菜食中心のライフスタイルを選択する人が欧米を中心に最近急速に増加してきています。しかし、菜食中心の食生活が体や環境に良いとは分かっていても、お肉が好きな人にとってお肉を全く食べない選択は厳しいものがあるでしょう。またベジタリアンやビーガン料理のバリエーションがいくら豊富でも、なかなかお口に合わないといった人も多いのではないでしょうか。

そこで、登場したのが今話題の植物のみで作られた本物のお肉みたいな”プラントベースミート”で作る「ビヨンドバーガー」と「インポッシブルバーガー」。




植物だけで作られているのに、肉好きの人達が食べても言わなければわからないほど見た目も味も限りなく本物のお肉のようなのだそうです。この「未来の肉」と言われている、ビヨンドバーガーとインポッシブルバーガーがなぜこんなにアツいのか!? この奇跡的な商品開発のプロセスなどの裏舞台を見てみましょう。

ビヨンドバーガー

製造元であるビヨンド・ミート社(Beyond Meat)はカリフォルニア州で設立され、ビル・ゲイツや、レオナルド・ディカプリオなどの著名人らが出資している会社なんです。

創立者であるイーサン・ブラウンは「私たちは、お肉のレプリカを植物のみで製造する研究をしていきました。動物肉をMRIのようなものでスキャンし、分子レベルでどのように構成されているかを分析して、植物から水分、油分、アミノ酸、香りを抽出して、自然な形で植物だけのハンバーガーを再構成しています。」と述べています。

ビヨンドバーガーの主な原料は、えんどう豆由来のプロテインや圧搾キャノーラ油、ココナッツ・オイル、そして着色料にビーツジュースが使用されているとのこと。一般的なベジーバーガーは火を通された状態で冷凍食品として売られていますが、ビヨンドバーガーは、生肉状態で普通のお肉のように精肉コーナーに並んでいます。赤みを帯びた見た目は全くお肉。調理の仕方までも、本物のお肉のようにパテを自分の好みの焼き加減で焼いて食べるのです。




ビヨンドバーガーは、ホールフーズや、トレーダージョーズ、ターゲットなどの大手スーパーマーケットをはじめ、約30,000店ものアメリカ国内のスーパーマーケットで販売されています。その他、ティー・ジー・アイ フライデーズや、ベア バーガーなどのレストランのメニューに取り扱われています。

インポッシブルバーガー

製造元であるインポッシブル・フード社(Impossible Foods)同じくもカリフォルニア州で設立され、こちらもグーグルベンチャーズや、ビル・ゲイツなどの著名人が出資しています。

創立者であるアメリカ生化学者、パトリック・O・ブラウンは「私たちの作っているバーガーは、小麦、ココナッツオイル、じゃがいも等、全てシンプルで自然素材から出来ています。インポッシブルバーガーが他社商品と違うのは、大豆の遺伝子操作をした酵母菌が生み出す肉独特の風味を出す”ヘム”という物質を使っているところです。」と説明。



インポッシブルバーガーは一般のスーパーマーケットでは販売されていないが、ホワイト キャッスル、バーガー キング、ファイブ ナプキン バーガーなどの大手バーガーチェーン店で取り扱われおり、この両会社がそれぞれプラントベースミートの奇跡的な商品開発を始めた裏には、創立者のイーサン・ブラウンとパット・ブラウンの熱心な研究とある熱い思いがあったのです。

イーサン・ブラウンとパット・ブラウンは、地球環境や人類の健康問題に関しての改善をミッションとしており、家畜産業を減らし、プラントベースミートを食ることにより、現代の問題となっている地球環境や健康問題が改善される利点をいくつか指摘しているのです。


地球環境と温暖化問題の改善
畜産業から排出される温室効果ガス(二酸化炭素、メタンなど)の総量は、車・飛行機などのあらゆる輸送手段から出される総量を超えており、畜産業からの二酸化炭素排出量は、世界の年間排出量の51%に上るとのこと。そして、1lbのお肉の生産に使用される水の量は、2.500ガロンとするそうです。動物肉の代わりに、プラントベースミートを生産することによって、水の使用量、地球温暖化の可能性が約90%も減少できるというのです。




動物愛護
利益を早く出すために、動物の成長を早めるためにホルモン剤を打ったり、狭い場所で衛生面の良くない場所飼育したり、病気を防ぐための抗生物質を打ったり、動物の生活環境や残酷な取り扱いも問題になってきています。動物肉の消費が減少することによって、このような問題も減り動物の命も救われます。

健康問題
世界保健機関(WHO)によると、牛肉などの”赤肉”やベーコンやソーセージなどの加工肉を、発がん性物質に指定しています。牛肉や加工肉を加熱することによって発生する発がん性物質が原因となっています。そして肉のトランス脂肪酸は、心臓病や、脳卒中などの血管系の疾患と深く関わるといわれています。プラントベースミートは、動物性脂肪を全く含まないので、癌や、心臓病の疾患リスクの低減に繋がることは大いに考えられます。





このような利点のあるプラントベースミートですが、問題の味はどうなのでしょう?まだ食べたことのない人にとっては気になるところですよね。そこで今回、ビヨンドバーガーとインポッシブルバーガーの両方が食べられる、ニューヨークで人気オーガニックバーガー専門店のベア バーガーに行って食べ比べをしてきましたのでリポート!


ビヨンドバーガー

見た目は厚みのあるパテで、焼き具合がお肉のミディアムのように中身が赤くなっており、中から赤みのある肉汁が流れて本当のお肉のよう。味はベーコンのような、少しスモーキーな味がして、少し塩辛いかんじがしたが、言われないとわからないほどお肉の味に近い、さらに脂身の多いビーフパテのようで柔らかくジューシー。


インポッシブルバーガー

ビヨンドバーガーより少し薄目なパテで、見た目もやはりミディアムの焼き加減のように中身が赤い。脂身の少ないお肉のようにジューシーさには欠けるが、牛肉のようなしっかりした歯ごたえもあり、ヘムという成分が入っているからなのか、ビヨンドバーガーよりは味も歯ごたえも本物の牛肉に近い感じ。


私たちの食生活は、健康と地球環境に大きくかかわっています。でも肉を食べたい消費者の望みをかなえるべく、植物性のお肉は「未来の肉」としてこれからよりリアルに進化し続けていくでしょう。すべての動物性の商品が消え、植物性に変わっていく時代も、もしかしたらそう遠くないのかもしれないでしょう。

参照リンク
https://www.cnbc.com/2019/01/21/how-bill-gates-backed-vegan-beyond-meat-is-winning-over-meat-eaters.html
https://www.livekindly.com/plant-based-burgers-beat-meat/
https://impossiblefoods.com/mission/
https://www.beyondmeat.com/about/

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG