T-Mobile店舗がニューヨークの消費者および労働者保護局から訴訟。顧客からの非難が多発!

ニューヨーク市の消費者および労働者保護局からの新しい訴訟によると、T-Mobileは中古電話を新しいものとして販売し、許可なしに高価なプランに登録するなど、不当に課金しているそうだ。クレジットヒストリーの弱いニューヨーカーが主に犠牲になっている。 50を超える店舗と認定ディーラーが関与する数千件の事例があり、少なくとも21件のケースで、顧客は新しいと信じていた古い携帯電話に何百ドルも払っていると訴えたそうだ。

T-Mobileは、「申し立てを非常に真剣に受け止めている。市に対応できるよう調査を続けている。」と言っているが、この件に関して具体的なコメントは出されていない。

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG