ニューヨーク 水漏れトラブル対処法

ニューヨークの住宅環境は完全に貸手市場です。断然日本に比べたらとても悪いです。 ドアマンがいる高級なコンドミニアムに住んでいれば別ですが、一般的なアパートやタウンハウスの賃貸では棚が壊れていたり、窓ガラスにヒビが入っていたりと何かしらあることが当たり前です。中でも水回りのトラブルを経験したことがあるというニューヨーカーは少なくありません。そこで今回、水回りのトラブルが発生した場合の対処をアドバイス!

大家さん、もしくは管理会社へ連絡

賃貸で水漏れが発生した場合はまず大家さんやビルの管理会社へ連絡をして状況を説明しましょう。すぐに修理業者を派遣してくれますが、夜間や週末、ホリデーシーズン中は連絡がつかないこともあり、その場合は直接、配管業者のプラマー(Plumber) へコンタクトを取ることが賢明でしょう。水道栓を閉めることが被害拡大を防ぐことに繋がります。

「311」へ連絡

大家さんや管理会社へ連絡しても、なかなか迅速に対応してくれない場合は苦情受付サービスの「311」にレポートしましょう。市の職員が家主や管理会社へ連絡して修理を促してくれます。それでも改善しない場合にはペナルティを課すこともあります。または、実際に「311」へ電話をしなくても大家さんや管理会社へ「直してくれないなら、311にレポートします」と伝えるだけでもかなりの効果があると言われています。
「311」水漏れトラブル窓口

水漏れにかかる修理のコスト

自分自身のアパートや家を購入している人は水漏れの修理に実際どれくらいの費用がかかってしまうのか?ダメージの状況や修理が必要な場所によりますが、おおよそ$800から$1,100くらいが修理にかかるそうです。

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG