イランの米ドローン機撃墜を受けトランプ大統領は反撃を指示も直前に撤回

今月20日午前、イラン革命防衛隊はオマーン湾上空で米軍の無人偵察ドローンを撃墜した。

この事件を受け、トランプ大統領は昨日、イランに対して軍事的反撃としてイラン側のレーダーとミサイルの破壊の指令を出したが、執行される直前にそれを撤回した。

指令が唐突に撤回された理由は不明だ。米軍によると、撃墜されたドローンは当時イランの領空には侵入していなかった。トランプ大統領は「イランは大きな間違いをおかした」と発言している。

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG