75歳以上のニューヨーカーは、本日からCOVID-19ワクチンが接種可能

12月15日にCOVID-19ワクチンがニューヨークに到着し、最前線の医療従事者が最初にワクチンの接種を開始したが、州全体の厳格な規定により、次のグループの人々にワクチンを配布することができない状態が続いていた。

そしてようやく、本日1月11日から適格グループを拡大することを、デブラシオ市長が発表した。今回、適格となるグループは下記の通り。

  • 75際以上
  • 教育労働者
  • 教育労働者
  • ファーストレスポンダー(警察、消防)
  • 公共交通機関の労働者
  • 公安労働者

ワクチンを受け取るには予約が必要で「walk-in」はできない。ニューヨーク州のwebサイトからワクチン摂取の予約ができる。電話 (877-829-4692) でも予約可能だ。

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG