ハート・アイランド公共共同墓地への新型コロナ犠牲者の埋葬が増加

ニューヨーク市の公共墓地であるハート島では、ここ数週間で埋葬が大幅に増加している。新型コロナウイルスの大流行が始まる前、島に埋葬される遺体数は、1週間で25以下だったが、3月30日の週は、5日間で125まで増加した。

市当局によると、COVID-19の犠牲者全員が一時的に埋葬されるのは、市の遺体安置所と遺体安置所の収容人数に達したときにのみ、ハート島と他の公共墓地で発生します。

市の主任医療検査官室は最長14日間遺体を保管し、それまでに請求されていない遺体は、ハート島に仮埋葬される可能性があるという。市はその後少なくとも25年間遺体を保管する必要があり、家族の要請により正式な埋葬を行う場合、無料で出土させることができる。

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG