ニューヨーク州の合法喫煙年齢が21歳に引き上げ 電子タバコと気化器も対象に

7月16日、ニューヨーク州は合法喫煙年齢を18歳から21歳に正式に引き上げた。

これは、近年増加の傾向にある青少年の喫煙率を抑える為の策だと見られる。電子タバコと気化器などのニコチンを含む商品も対象に当たる。

ある調査によると、約88%の喫煙者は18前から喫煙を始め、90%は18から20歳の間にタバコを購入していた。クオモ州知事は「喫煙年齢の引き上げにより、タバコ製品が青少年の手に入る事を根本的に防止し、全てのニューヨーカーを喫煙と言う高価で危険な行為から守る事に繋がる」と発言した。

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG