アメリカで結婚 – 日本式 orアメリカ式 (パート2)

アメリカで結婚する場合

アメリカ式の場合、日本人同士でも、日本人と外国人の結婚でも手続きは同じですが、婚姻の決まりや手続きは州によって異なります。今となっては同性結婚はアメリカ全州で認められるようになりましたが、以前は州によっては同性結婚を認めない州もあり、結婚に対する取り決めは州よって定められています。ここでは、ニューヨーク州の場合についてご紹介します。

米国で結婚するには、まず結婚許可証( Marriage License )の入手が必要です。許可証を入手してから、牧師や神父等、司式者の資格を持っている人の前で結婚を誓うことによって、めでたく婚姻成立となります。

結婚許可証の入手

結婚許可証の申請は市役所の書記事務局( シティクラーク/City Clerk )にて行います。現地で申込書を入手し、記入の上、申請することが可能だそうですが、最近は訪れた申請者も オンラインで手続きをすることを案内されているそうなのでオンラインで申請することを強くお勧めします!

ニューヨーク市書記事務局( City Clerk )オンライン申請はコチラから
(リンク先画面右下の「Start Application」から申請開始できます。)

オンライン申請時に必要な情報は主に、新郎新婦の氏名、生年月日、職業、米軍経験の有無や、新郎新婦の両親の情報等です。以前に婚姻歴がある人は、過去の配偶者の指名や生存状況、また、その婚姻の状況等を入力する必要があります。

全項目の入力が完了すると確認番号( Confirmation Number )が発行され画面に表示されます。登録のメールアドレスにも確認メールが到着するので、印刷しておきましょう。
(メールは申請完了の通知で、証明書ではありませんのでご注意ください)

このオンライン申請は確認番号発行から21日間有効です。この期間内にシティクラークに出向き、結婚許可証を受け取ります。許可証の受取り時には簡単な面接があるので、必ず2人で出かけてください。


<ニューヨーク市内の地区ごとにあるシティクラーク (City Clerk) >

・マンハッタン
141 Worth Street
New York, NY 10013
婚姻関係受付: 8:30 am ~ 3:45 pm (月曜~金曜)

・クィーンズ
Borough Hall Building
120-55 Queens Boulevard, Ground Floor, Room G-100
Kew Gardens, NY 11424
受付: 8:30 am ~ 3:45 pm (月曜~金曜)

・ブルックリン
Brooklyn Municipal Building
210 Joralemon Street, Room 205
Brooklyn, NY 11201
受付: 8:30 am ~ 4:00 pm (月曜~金曜)


・スタテンアイランド
Borough Hall Building
10 Richmond Terrace, Room 311
Staten Island, NY 10301
(Hyatt Street と Stuyvesant Placeの交差点にある入口を利用)
受付: 8:30 am ~ 4:00 pm (月曜~金曜)

・ブロンクス
Supreme Court Building
851 Grand Concourse, Room B131
Bronx, NY 10451
受付: 8:30 am ~ 4:00 pm (月曜~金曜)


必要な持ち物は下記の通り
・身分証明 (パスポート、グリーンカード、アメリカの運転免許証等)
 *日本人はパスポートを持っていくことをお勧めします。
・申請金額 $35 (クレジットカードかマネーオーダーのみ)
・ 結婚証明書申請の確認番号 (オンライン申請した場合)
・離婚証明、死別証明 (以前に婚姻歴がある場合)

面接を終えて、無事結婚許可証を入手すれば、次は結婚式をして婚姻成立となるのですが、結婚できるのは許可証の発行から24時間後となります。また、有効期限は60日間なので、この期間内に結婚式をする必要があります。もし、60日間を過ぎてしまった場合は、再度許可証の申請を行いましょう。

 

結婚式

結婚許可証を入手したら次は結婚式の準備をしましょう。 日本では婚姻を成立させるのに、結婚式を行う必要はありませんが、米国では式を行わないと成立しません。

但し、この結婚式というのは、司式者の資格を持っている人 (牧師や神父等)の前で結婚を誓う必要があるだけなので、資格者と証人さえいれば式を挙げることができます。
ここではいくつかの挙式スタイルを紹介します。

シンプルでポピュラーな市役所での結婚式
一番シンプルでよく利用されているのは市役所(シティクラーク)で結婚式を挙げる方法です。この方法であれば、司式者を探す必要もなく、2人で現地に出向き結婚の申請をするだけ。しかも、料金はたたったの$25で挙式することができます。

<挙式に準備するもの>
・結婚証明書
・結婚証明書の受取時に提示した身分証明
・立会人となる人(18歳以上を最低1人)
・料金(クレジットカードまたは、マネーオーダーのみ)

挙式の予約はできないので、混み具合によって待ち時間が異なりますが、30分~2時間の待ち時間を想定しておくとよいでしょう。また、立会人はひとりでなくても、大勢でなければ家族や友人など、複数立ち合い可能なので、人生で特別なイベントをみんなと共有することができます。

挙式はカジュアルに行われるので、ブーケといった結婚式にちなんだものを持参して挙式することもOK。コチラはシティクラークの司式者についての動画ですが、挙式の雰囲気が確認できるので参考にしてみてはいかがでしょうか。挙式が完了すると、結婚証明書( Certificate of Marriage )がもらえ晴れて婚姻手続きの完了です。


自分スタイルの結婚式
人生の中で大イベントとなる結婚式、自分スタイルの結婚式を挙げることももちろん可能です。ドラマや映画のように、結婚式場や教会のチャペルで華やかな結婚式を挙げる場合は、式場に司式者となる神父や牧師がいるので、挙式後、司式者がシティクラークに必要書類を提出します。その後、30日以内に郵送で結婚証明書(Certificate of Marriage)が送付されます。

結婚式は司式者と立会人がいればどこでも挙式することができるので、米国ではどこでも結婚することができます。そのため、結婚式場や教会だけでなく、セントラルパークや自宅アパート、ビーチ等で結婚することも可能です。(結婚したい場所が、レストランや他人の所有地等は他人の迷惑や不法侵入になる場合があるので、事前に所有者に確認するようにしましょう。) 

しかしこの場合、会場に司式者が準備されていないので、自分で探す必要があります。残念ながら、日本語ができる司式者 (=Marriage Officiant)は非常に稀ですが、日本語にこだわらなければGoogle検索で簡単に見つけることが可能です。もしくは、Wedding WireKnotなどの結婚サイトを利用するのも方法です。 この場合も、挙式が完了すると司式者が結婚証明書発行に向けての手続きをシティクラークにしてもらえるので、後日郵送で結婚証明書を受領しめでたく婚姻手続き完了となります。

 

大使館/領事館への婚姻申請

結婚証明書を受領すれば、米国では夫婦というステータスになっていますが、日本の戸籍上では結婚したことになっておらず、婚姻から3ヶ月以内に大使館/領事館に申請の必要があります。3ヶ月以上過ぎてしまった場合も、遅延理由書とともに申請の必要があります。申請に必要なものは日本人同士と、日本人と外国人の結婚で異なります。

<日本人同士の結婚の場合>
婚姻届(3通)、戸籍謄本(各2通)、パスポート、米国滞在資格を証明する書類(米国ビザ、グリーンカード等)、結婚証明書(Marriage Certificate)、結婚証明書の抄訳文(3通)を準備し大使館/領事館に提出しましょう。結婚証明書は全部で3通(原本1枚、コピー2枚)必要ですが、原本の返却が必要な場合は原本とコピーを3枚準備してください。抄訳文は館内にテンプレートがあるのでそちらを利用しましょう。


<日本人と外国人の結婚の場合>
婚姻届(2通)、日本人配偶者の戸籍謄本(2通)、日本人配偶者のパスポート、米国滞在資格を証明する書類(米国ビザ、グリーンカード等)、結婚証明書(Marriage Certificate)、結婚証明書の抄訳文(2通)、外国人配偶者の国籍が分かる書類(パスポート、出生証明書、国籍証明書のいずれか)、国籍を証明する書類の訳文(2通)を準備し、大使館/領事館に提出しましよう。

結婚証明書は全部で2通(原本1枚、コピー1枚)必要ですが、原本の返却が必要な場合は原本とコピーを2枚準備してください。結婚証明書の抄訳文と、国籍を証明する書類の訳文は館内にテンプレートがあるのでそちらを利用しましょう。


以上の手続きが完了すれば、すべての婚姻手続きが完了となります。手続きは少し大変かもしれませんが、今後の明るい家族計画のためにもきちんと手続きを行いましょう。

ニューヨーク総領事館情報はコチラ
アメリカ方式結婚後の婚姻届(日本人同士)、詳しい記入方法はコチラ
アメリカ方式結婚後の婚姻届(日本人と外国人)、詳しい記入方法はコチラ

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG