アメリカの自動車保険事情

アメリカの自動車保険制度は州によって法律が大きく異なるため複雑になっています。
例えば、ニュージャージ州在住の人が州内で事故に巻き込まれる場合と、お隣のニューヨーク州在住の人がニュージャージで事故に巻き込まれる場合では、保険会社への療養費請求方法が異なるケースがほとんど。

また、請求方法を間違えてしまうと、払い戻しを拒否され事故負担額が増えてしまう可能性があるので、これから加入する方はしっかりリサーチを、すでに加入している方は1年に1度自分のプランを見直すことをオススメします。

<自動車保険は日本と比べると割高!>
駐在や留学、移住で渡米しマイカーの購入を機に自動車保険に加入する場合、アメリカで運転経験のない日本人に対して掛け金が割高になることがあります。基本的にアメリカでは運転歴の浅い人に対して保険は割高で設定されています。それは保険会社、あなたの年齢や職業、運転経歴により変わるので出来るだけ多くの保険会社から見積もりを取りましょう。 年間$1,300〜$2,000ほどの保険料が相場と言われています。

<No-Fault制度を知っておこう>

ニューヨーク州やニュージャージー州を始めアメリカの数州では「No-Fault制度」があり、過失や事故責任が誰にあろうと事故によって生じた人的損害は自分自身が契約する自動車保険でカバーしなければなりません。 つまり100%相手の過失でも被害者である自分の保険を使って事故によるケガの治療を受けなければいけないということです。

また、死亡や後遺症など法律で定められた状況でない限り、事故を起こした相手に治療費や慰謝料の賠償請求をすることができません。 この制度は、車社会のアメリカで問題になった訴訟費用の増大、過失責任の確定に時間がかかり保険金支払いに時間がかかっていた保険制度の問題の解決策として作られました。

しかし、事故を起こした加害者と被害者の双方が「No-Fault制度」を実施している州の保険を持っている場合に適用されますが、どちらかが「No-Fault制度」を実施していない州の保険を持っている場合は保証のプロセスがやや複雑になってきます。

<事故後の対処法ステップ>

1. 必要な情報の整理

交通事故に巻き込まれた場合は迅速な対応が必要です。まず、相手の情報をしっかり入手し、できるだけ落ち着いて事故現場の情報を整理します。

ー相手の名前
ー住所
ー連絡先
ー免許証番号
ー車のナンバープレート
ーメーカー名
ー車種
ー相手の保険会社の名前とポリシー番号
ー目撃者の写真

大事故の場合や相手が任意保険に未加入の場合、飲酒運転の場合、当て逃げをされた場合はすぐに警察に電話をします。けが人が出ている場合は直ちに救急車を呼びます。警察を呼んだ場合は後日、警察署でポリスレポートを発行してもらいましょう。

2. 保険会社への報告

情報を入手・整理した後は自分の保険会社へ連絡し事故の報告をします。保険会社の多くは24時間体制で電話を受け付けています。大手の保険会社の場合はWebサイト上で行うこともできます。 報告後、保険会社より事故のクレーム番号と「アジャスター(Adjuster)」と呼ばれる事故の担当者の名前と電話番号を渡されます。もし事故報告後数日経っても保健会社から連絡がない場合は、再度連絡しましょう。

あなたのクレーム番号と担当のアジャスターが決まると後日、書類が届きます。出来るだけ早く書類に記入し保険会社に返送します。 書類の記入方法がわからない場合はアジャスターや保険のエージェントに質問しましょう。

<アメリカ自動車保険の種類>

対人賠償保険 (Bodily Injury Liability Coverage)
他人に怪我を負わせ賠償責任が発生した時の補償になります。州によって最低保証額が異なり、日本のように無制限という保険はなく、自分のニーズに合わせてリミットを決める必要があります。また各州で義務付けられていてDMVでの車両登録の際に必要となります。

対物賠償保険 (Property Damage Liability Coverage)
他人の自動車(又は所有物)に損害を与え賠償責任が発生した時の補償になります。

無保険者保険・低保険者保険 (Uninsured/Underinsured Motorist Coverage)
無保険者の運転している車にぶつけられ、無保険のためこちらからの損害賠償、慰謝料請求に対してカバーがありませんといわれたとき、自分の保険会社がその賠償を肩代わりする補償になります。事故の相手方(加害者)が保険を持っていない場合に自分側の医療費、修理費などを補償する保険です。

保険の加入義務があるにも関わらず、アメリカでは無保険者がいると言われています。「保険がない」と相手から賠償金を取ることが困難になるため、無保険者保険に加入していると支払いされるので必須と言ってもいいでしょう。 自分に過失がない場合は保険を使っても翌年の保険料金には影響しないようなのでそのあたりは心強いですね。


搭乗者医療保険 (Personal Injury Protection)
ドライバーを含めた搭乗者の事故による医療費に対して支払われますがカバーの内容は州によって異なります。 1人に対して通常$1,000から$10,000のリミットで加入します。

 

<その他の保険サービス>

車両保険 (Collision Coverage & Comprehensive(Other than Collision)Coverage)
横転と衝突の際の修理費用に対する保険と、盗難や火災、いたずらなどで被害にあった際の保険で、それぞれ事故負担額(通常$250~$1,000)を設定し、その事故負担額を超えた金額が保険でカバーされるシステムになります。車をリースやファイナンスしている場合は加入が義務付けられています。

レッカーサービス(Towing)
故障や事故により車が走行不可能になってしまった場合に修理工場までのレッカー費用をカバーします。

レンタカー費用
車の修理期間中のレンタカー費用が保証されます。

<保険料の計算基準>

保険会社によって料金やカバー内容は異なりますが、基本的に運転者の年齢、外婚か未婚か、運転年数、事故違反歴(ドライビング・レコード)、保険継続加入年数、住所、車の年式、車種、年間走行距離、車の使用目的(通勤、通学、商用など)などに基づいて決められます。

保険には色々なディスカウントも存在し、家と車の保険を同一会社で加入した場合や、複数車両割引、セキュリティアラーム割引、優良学生割引などを適用できる場合もあるので、少しでもお得に利用したいですね。

 



どんなに注意をしていても起こってしまった事故は免れられません。事故後の明暗を分けるのはこの自動車保険です。自動車を購入する場合は、安心したドライビングライフを送れるよう、しっかりと自分にあった自動車保険を選びましょう。

 

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG