ニューヨークの路線情報

毎日電車で通勤に片道1時間半以上かける人もいればマンハッタン内のバスや地下鉄移動だけで済む人もいるニューヨークの通勤。もちろん観光で訪れる人も地下鉄やバスなどの公共交通機関は効率良く旅を楽しむために欠かせません。ではどのような路線がありどのように地下鉄を利用したらよいかをご紹介しましょう。

<路線の種類>

□エム・ティー・エー (MTA/Metropolitan Transportation Authorityの略)
ニューヨークの地下鉄、路線バス、水上バス、鉄道など公共交通機関で、特に地下鉄はニューヨーカーの日々の暮らしを支えています。 電車(Rail)は主に2種類あり、「ロング・アイランド・レールロード(Long Island Rail Road)」 はマンハッタンからロングアイランド各地を結んでおり、東端はモントークまで行くことができます。「メトロノース・レイルロード(Metro-North Railroad)」は マンハッタンはグランドセントラル駅から出ており、アップステートやコネチカット方面などへ行くことができます。


□ニュージャージー・トランジット(NJ Transit)
ニュージャージー州の公共交通機関で、ニューヨークのアクセスはもちろん、ニューアーク空港へのアクセスにも欠かせません。


□アムトラック(Amtrak)
全米を結んでいる鉄道で近場になるとニューヨークからはワシントンやボストン、フィラデルフィアなど2、3時間ほどで行くことができます。


<地下鉄について>



特に1日の利用者数多い市の地下鉄は1904年に運行が開始され、現在は南北に渡るマンハッタン、ブルックリンやブロンクス、クイーンズと路線が張り巡らされています。各路線は色と番号やアルファベットで分かれているためシンプルで分かりやすいのが特徴。

レッドの1・2・3、グリーンの4・5・6、パープルの7、ブルーのA・C・E、グレーのS・L、
オレンジのD・F・D、イエローのN・Q・R、グリーンのGとなっています。

運行時間は基本的に24時間で時刻表はありませんが、平日のラッシュアワーは約2、3分おき、昼間は5分~15分おきといったとこでしょう。深夜や週末・祝日は20分おきの運行になったり路線も急遽変更になったり、運行が停止になる場合もあるのでMTAのWebサイトやアプリ(CitymapperやTransit)などで事前にチェックしておくのもよいでしょう。

<地下鉄の路線図の見方>

白丸で表示されている駅だけ止まる地下鉄は「急行(Express)」で黒丸は各駅停車にサインになっています。 地下鉄の路線図はコチラからチェックすることができます!

<地下鉄の料金(バスも同様)>

通称「エム・ティー・エー・カード(MTA Card)」と呼ばれているカードをゲットして乗車しますが大きく分けて3種類あります。

・「シングル・ライド(Single Ride)」
1回のみの乗車券で1回につき$3。券売機で購入後は2時間以内に利用しなければ無効になります。また地下鉄ーバス間の乗り継ぎはできません。

・レギュラー・メトロカード(Regular Metro Card)
1回の乗車で$2.75かかり、チャージした料金の分だけ乗車することができます(例えば$20、$40チャージ)。また2時間以内であれば地下鉄ーバス間の乗り継ぎが無料。1枚のカードで4人分までの使用が可能です。日本のスイカやパスモといった電子カードと同じく、残金が減ったらカードは処分せずにお金をチャージしましょう。

・アンリミテッド・ライド(Unlimited Ride)
7日間の$33と、7日間「エキスプレス・バス」をプラスした$62、30日間の$125となっています。期間内は乗り放題で1名しか使用することができません。そのため、一度カードを改札口に通すと18分経たないと再度使用できませんのでご注意を。

※バスに乗る時に注意しておくこと! 現金にてバスに乗車する場合の運賃に紙幣は使えません。
必ず小銭を用意しておく必要があります。

・シニア割引について メトロカードのシニア割引は主に現地在住者向けのため、申請手続きにお時間がかかります。申込書を提出後、申請が認められたら名前と写真入のカードが届いて初めて使用可能となります。

<購入の仕方>

自動販売機でメトロカードを購入の際、スクリーン画面から先に購入したい券を選びます。お金を投入します。お金を先に投入すると、入れた額面の回数券が自動的に出てきてしまう恐れがあります。誤って券を購入した場合、その場での払い戻しができないのでご注意下さい。 
クレジット、又はデビットカードでの購入も可能です。クレジットカードは郵便番号、デビットカードは暗証番号を入力します。

<通常のメトロカードの場合>


まず画面の「Start」をタッチ。




言語を選べる画面に切り替わりますので「English」をタッチしましょう。




メトロカードを初めて購入する場合は「Fast $9 Metro Card」をタッチします。




次にどのように支払いをするかという画面に変わるので、支払い方法を選択します。




この様に支払いしたカードの「PINコード」や「郵便番号」の入力と「ENTER」キーが求められまるので入力して支払い完了になります。レシートが欲しい場合は最後の画面で「YES」 をタッチしたらレシートがでてきます。


<1回のみの乗車の場合>


「Single Ride」をタッチします。 支払い方法は同じです。


<チャージをする場合>


カードの残金や時間上チャージが必要な際は真ん中の「Metro Card」をタッチします。




「Refill your card」をタッチし自分が持っているカードをカード差し込み口に入れます。




カードを入れ終えたら「Add Value」で利用したい分の金額をチャージすることができ、「Add Time」で7日間か30日間の乗り放題にするかを選択できます。




利用したい金額分のチャージをしたい場合は上記のように金額を選ぶことができます。



ゲットしたカードは改札口でクレジットカードの様にスライドさせて入ることができます。

<地下鉄利用時の注意事項>

・乗る路線の行き先方向の確認
マンハッタン内は基本的に「アップタウン/Uptown」行きか「ダウンタウン/Downtown」行きで分かれています。特に地下鉄駅へ降りるときはその表示確認が必要になります。アップタウン方面のみの通行階段ということがあり、反対ホームへいけなくなるので必ず確認しましょう。何も書いてない場合にはどちらにもいくことができます。 例えば下記のようにどちらの方向へ行くのか確認することができます。




・地下鉄への入り口で気をつけたいところ


濃い緑色の地下鉄入り口部分に円球の街灯がついており、緑(24時間有人)か黄色(昼間と平日のみ有人)は乗り口、赤は出口専用ですのでご注意ください。

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG