ニューヨーク市では、毎日90,000もの配送荷物が消失!

近年、オンラインショッピングの利用が急激に増えたため、アメリカでは配送の効率化のためにパッケージをドアの前やアパートのエントランススペースに置いていくことが一般化している。それに伴い、オンラインで購入した商品の盗難や紛失の被害も急増している。

ニューヨークタイムズの分析では、ニューヨーク市では、荷物の盗難および紛失の被害が4年前から約20%増加し、1日90,000件を超えるそうだ。

輸送専門家によると、都市部での荷物の配達は盗難や誤配達が原因で、約15%は最初の配達時に顧客に届かないそうだ。

 Amazonは、リアルタイム追跡サービスを開始。これにより、購入者は荷物が到着するときに家にいるように手配できる。 UPSはテクノロジー会社と協力して、ドライバーが施錠されたパッケージルームにアパートの注文を預けることができるようにしている。

問題を認識しているオンライン小売業者と配送サービスも、努力しているようだが被害は増える一方である。

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG