FBIが「ジョーカー」の公開に照らしたSNSの暴力的行為を促す投稿の脅威を危惧し監視

ABC Newsが入手した情報によると、FBIは、本日公開のサイコスリラー映画「ジョーカー」のリリースに関連して、SNSで「無差別大量銃殺(マス・シューティング)」を促す投稿を確認したとしている。ただし、同映画の公開が発表された2019年5月以降、特定の場所や具体的な情報は確認されていないと述べている。

危険視される投稿の中には、主に「インセル」と呼ばれる非自発的独身者コミュニティへの言及や、「クラウンセル」という派生語を含むものも確認された。しかし、必ずしもこの情報コミュニティ全体が暴力的ではないとしている。

FBIは報告書で、2014年以来少なくとも27人の死者にインセルコミュニティが関連していると述べ、2012年7月20日のコロラド州オーロラの劇場のマス・シューターと「ジョーカー」との関係は裏付けられていないが、各投稿の分析では、2つが頻繁に同一視されていることは明白だと述べている。

主演のホアキン・フェニックスは、インタビューで、「映画がそのような方法で人々に影響を与えるとは思わない。殺人的思考、殺人的思考の創造を引き起こすとは思わない。」 「しかし、彼らの周りの会話は危険だと思う。」と述べている。

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG