ブルックリンとクイーンズの一部でコロナ感染率が急増

保健当局の発表にブルックリンとクイーンズの下記8つの地区で、COVID-19の症例が急増している。この8つの地区の人口はニューヨーク市全体の約7%だが、ここ2週間でのニューヨーク市全体での新規症例のほぼ4分の1を占めている。

  • グレーブセンド/ホームクレスト(陽性率: 6.75%)
  • ミッドウッド(5.34%)
  • キューガーデン(3.82%)
  • エッジミア/ファーロックアウェイ(3.9%)
  • バラパーク(4.63%)
  • ベンソンハースト/メープルトン(4.41%)
  • ゲリットセンビーチ/ホームクレスト/シープスヘッドベイ(3.91%)
  • フラットランズ/ミッドウッド(3.85%)

今夜までにケース数は下がらない場合、市は再開プログラムの後退を火曜日に実施するとしている。

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG