ブロンクス動物園の象は、法的に「人」ではない?!

動物の人的権利を求める非営利団体 NonHuman Rights Project は、ブロンクス動物園の48歳の象、ハッピーは、動物園に隔離されていることを不当とし、「自由が侵害されている」「自律的な存在」であるとして、エレファント・サンクチュアリへの移動を求める裁判を起こしていた。

しかし、裁判官の判定は象のハッピーは「人」ではないので、ブロンクス動物園から出ることはできないというものであった。動物園は裁判所の決定を妥当で常識であると述べたが、NonHuman Rights Projectは、この判決は人類にとって大きな後退であり、挑戦する計画であると述べている。

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG