大腸菌汚染の可能性のあるサラダ商品のリコール対象数が大幅に削減

ニュージャージー州南西部のサラダ会社は97,272ポンドの大腸菌汚染の可能性があるレタスを含むサラダ商品のリコールを行うことになったが、11月21日に発表されたUSDAの最新情報によると、その量は75,233ポンドと大幅に削減された。非FSIS (食品安全検査サービス) 規制製品が除外されたことにより数量が更新された。

最新情報をチェックしよう!
>NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨークの役立つ生活情報をお届けします

NEW YORK PICKSは、ニューヨーク滞在者に役立つ最新の生活情報をお届けします。知りたいこと等ありましたら、ぜひリクエストしてください。

CTR IMG